旅館・ホテル修行時代
旅館・ホテル修行時代

代表の私は、旅館・ホテルチェーンを作ろうと、2010年9月から約6年間、旅館・リゾートホテルの予約マネージャーや支配人などを経て、2017年4月現在、1件目の旅館・ホテルの物件探しをしております。テーマは鉄道ゲストハウス、鉄道旅館。ここで、自己紹介を。

この6年間の予約業務で関わったツールは次の通りです。

●サイトコントローラー
 らく通
 TL-リンカーン

●フロントシステム
 ダイナリューション

●予約サイト
 宿シス
 ダイレクトイン
 るるぶトラベル
 じゃらんnet
 楽天トラベル
 一休.com
 Agoda
 Expedia
 Booking.com
 てなわん
 ツアービルダー

 その他

子供のころから鉄道好きで、大人になるにつれて旅行が好きになり、でも理系志向だったので大学は工学部へ進み、そのままシステムエンジニアとして就職。会社員をしつつ、大学時代に出会ったインターネットに興味を持ち、現在の渡辺旅行研究所の前身となるホームページを1996年には開設。旅行で訪れたホテルの宿泊報告だったと思います。

その後、アフィリエイトという仕組みが始まり、いち早く導入しました。当初は詐欺まがいのシステムではないかと言われていましたが、順調に広告収入は伸びていきました。そして、会社を辞め、個人事業主として開業し、ホームページでの宿泊口コミサイト運営が本業に。まだライバルもほとんどいない状態で、広告主もネットワークを広げたい時期だったので、1件当たりの広告費も今の3〜5倍の額でした。

さて、このビジネス。きっとライバルも増えて、ネットワークが落ち着いて来ればきっと広告費も落ちてくるだろう。そう思い、新しいビジネスを模索しながら、旅館のネット予約コンサルも行うように。まだまだインターネット予約が一般的ではなかった時代、ちょっと手を加えるだけで、5〜10倍へ予約が増えることに私も驚きを隠せませんでした。

だんだんと、自分が旅館やホテルを運営したほうが、将来安定するのではと思うように。しかし、当時私がしていることは所詮素人同然の考え方。そこで、旅館・ホテルの現場に飛び込んでみようということに。

群馬の旅館の予約係として1年8か月の間で、ネット予約人数を1.6倍へ。長崎のリゾートホテルの予約マネージャーとして3年10か月で宿泊売り上げを約2.2倍へ。長崎では、予約のほかフロント、夜勤業務、清掃業務、最終的には支配人業務も担当し、宿泊部門の約20名のスタッフをマネジメントする機会も与えていただきました。最後に、金沢の旅館で海外予約サイトの開設などの業務を手伝い、とうとう2017年から、株式会社渡辺旅行研究所の運営する旅館・ホテルの開業を目指して動き始めました。

稼働が伸び悩んでいる、もしくはオーナーの高齢化などにより休業状態の旅館・ホテルを借り、鉄道図書館や鉄道ジオラマ、それに付随してフリードリンクなどの設備を設置し、鉄道旅館として近隣の旅館・ホテルの客層を奪いことなく運営をする。そして、支配人候補を育成し、全国に様々なテーマの今までにない楽しい旅館・ホテルを展開していきたいと思っています。