EF64-1000
EF64-1000番台

国鉄時代に勾配線区向けに開発された直流電気機関車であるEF64型のうち、1000番台は1980年から製造が始まった大幅な仕様変更を行ったもの。国鉄が設計した最後の電気機関車で、私が子供のころである1990年代は、高崎線・上越線に出掛けた時に出会うことがあり、今までの機関車のデザインとは少し違う姿に少しウキウキしたのを思い出します。

上野駅では、寝台特急の「北陸」や「出羽」、「あけぼの」の先頭に立つ姿が印象的でした。当時は、長岡を中心に動いていたような気がします。

今も、数は少なくなりましたが現役で動いている車があります。